電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
さいたま北の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績9,840
  • 交通事故相談実績84,352
  • 2021年03月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談・依頼するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼する大きなメリットは、「示談交渉を弁護士に任せて治療に専念できること」です。交通事故の被害に遭うと、日常生活が大きく変わってしまいます。これまでの普通に過ごしていた日常に怪我の治療や保険会社との交渉が加わるからです。
その中で、大きな負担となるのが保険会社の担当者との示談交渉です。保険会社の担当者は、必ずしも被害者にとって不利な交渉をする訳ではありませんが、あくまでも、「加害者側の保険会社の担当者」です。「通院を早期に打ち切る」、「通院日数を全期間認めることはできない」、などと、被害者にとっては不利益な条件を提示する可能性は大いにあります。彼らは、交通事故の示談交渉に特化しているため、被害者の方が、必死に交渉をしても中々その主張が認められることはなく、被害者側が大きなストレスを抱えることになります。
しかし、弁護士にご依頼いただければ、すべての交渉を一任することができますので、被害者の方は治療に専念できるのです。

交通事故慰謝料の増額

交通事故慰謝料の増額

交通事故で怪我を負った場合、その怪我の程度や通院期間、治療日数に応じて慰謝料が、加害者側から支払われます。弁護士に交渉を依頼する2つ目のメリットが、「慰謝料の増額」です。
弁護士に依頼しない場合、慰謝料は「自賠責保険基準」という最も低い計算基準によって算定されます。損害賠償金の総額が、自賠責保険の上限金額を超えた場合は、任意保険基準によって算定されますが、こちらは自賠責保険基準と大きな違いはありません。ところが、弁護士に交渉を依頼すれば、「裁判基準」という最も高額な慰謝料算定基準によって、慰謝料が計算されるのです。その金額は大きく異なり、自賠責保険基準と裁判基準では2倍から3倍の開きがあることも少なくありません。
同じ怪我の程度なのに、弁護士に依頼した場合とそうではない場合に受け取ることができる慰謝料が変わってしまうのです。
交通事故で怪我をしたことによる、賠償を十分に受けたいという方は、弁護士に交渉を一任して、しっかりと賠償を受け取りましょう。

後遺障害認定手続きのサポート

後遺障害認定手続きのサポート

「後遺障害」とは、適切な治療をおこなってそれ以上状態が改善されることながなく、日常生活や仕事に影響を与える状態のことをいいます。
後遺障害が生じた場合、あらかじめ規定されている後遺障害等級の認定を受けることができれば、後遺障害の等級に応じた「逸失利益」や「慰謝料」を受け取ることができます。それ以上治療費を支払ってもらうことはできませんが、その代わりに一定の賠償金を受け取ることができるのです。
後遺障害等級の認定を受けるためには、損害保険料率算出機構に対して行う「事前認定」、もしくは自賠責保険会社に対して行う、「被害者請求」といういずれかの手続きが必要です。事前認定は、加害者側の保険会社が、被害者にかわって必要書類を作成、収集して損害保険料率算出機構に提出して、後遺障害等級の認定の可否を確認する手続きです。被害者請求は、被害者やその弁護士が自賠責保険会社に対して行います。
一般的には、加害者の保険会社が行う事前認定よりも、被害者やその弁護士が行う直接請求の方が、後遺障害等級の認定が受けやすくなります。

海浜幕張で交通事故に遭われた方へ

交通事故は誰の身にもふりかかるおそれのあるものですが、交通事故の被害者になった場合のことを想像したことがあるという人はほとんどいないでしょう。
そのため、いざ交通事故の被害者になったとき、何をどうすればいいのかわからず、パニックになってしまいます。
そのような場合には、弁護士に相談・依頼することを検討してみてください。

海浜幕張近隣にお住まいの方、お勤めの方で交通事故に遭われて怪我をされた方は、ベリーベスト法律事務所 海浜幕張オフィスの弁護士にご相談ください。
ベリーベスト法律事務所 海浜幕張オフィスの弁護士は、交通事故の被害に遭われた方の代理人となり、保険会社との交渉を一手に引き受けます。弁護士が交渉を行うことで、被害者の方は、治療と日常生活に専念可能です。
交通事故の被害に遭った場合、通常は加害者の保険会社の担当者と示談交渉を行います。事故直後は、担当者から連絡が入り、必要書類への記載などを行い、同時並行で怪我の治療を行います。交通事故の怪我に関する賠償金には、治療費や通院交通費、薬代、休業損害といった実費とは別に、慰謝料が支払われます。被害者の手元に残る主なお金が慰謝料です。慰謝料は、主に通院期間もしくは治療日数によって決められます。したがって、怪我が治癒するまでは、病院に通いしっかりと治療することが重要です。
多くの方が、仕事や、家事、育児、介護などに追われて生活をしており、治療時間をしっかり確保することは容易なことではありません。その上、保険会社との交渉を行わなければならず、時間的にも精神的にも大きな負担となります。
それらの負担を少しでも軽減するためにも、交通事故の示談交渉は私たちにお任せください。また、弁護士が保険会社と示談交渉を行うことで、被害者の方が受けとる慰謝料の増額が見込めます。前述したように弁護士が交渉をした場合、「裁判所基準」と呼ばれる高額な慰謝料算定基準で慰謝料を計算しますので、被害者の方が直接交渉した場合と比較すると2倍から3倍もの慰謝料を受けとれる可能性があります。

「弁護士に依頼したことで、弁護士費用を支払わなければならないのでは」と不安に思う方もいらっしゃいますが、私たちは事前に弁護士にお支払いいただく費用と、受取可能な賠償金の目安を提示した上で、ご依頼の可否を判断いただいております。増額できる慰謝料が、弁護士費用を下回る場合は、弁護士への依頼を無理強いすることはありませんので、安心してお問い合わせください。

また、弁護士が交渉をすることで後遺障害等級の認定も受けやすくなります。交通事故に注力している弁護士であれば、後遺障害等級の認定を受けるために必要な書類や診断書、検査等を熟知していますので、認定される可能性が高くなるのです。また、後遺障害が認定されたい場合の、後遺障害慰謝料も弁護士に依頼した方が高額となります。

このように、交通事故の被害に遭われた方が弁護士に依頼するメリットは数多く存在しますが、デメリットはほぼありません。交通事故の被害に遭ってどうしたらいいかわからない、加害者側との交渉が苦痛だという方はぜひベリーベスト法律事務所 海浜幕張オフィスにお任せください。交通事故に関する法律相談は初回無料で、着手金もいただいておりません。手元にまとまったお金がなくてもご依頼いただけるようなシステムになっておりますので、安心してお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

さいたま北オフィスの主なご相談エリア

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ